童貞を卒業して「いろんな意味で大人」になった体験談


出会い系サイトを始めて、僕の人生は変わりました。27歳まで童貞で彼女がいたことすらなかったのに、セックスよりも先にフェラチオを経験してしまいました。

出会い系で実際に会ったシングルマザーとの初デートでは、誘われるままにホテルでフェラチオをしてもらったのです。

この男性のフェラ体験談⇒出会い系で生理中のシングルマザー発見!童貞の僕はフェラで抜かれる

この時点でもう何かは卒業してしまっている気がしますが(笑)まだセックスはしていません。ですので童貞を卒業したくて仕方がありませんでした。

しかし2度目のデートで、27年間守り続けてきた童貞を卒業してしまうことになりました。今回は、そのときのお話です。

ニックネーム かぐや
性別 男性
現在の年齢 33歳
いつの話? 6年前
利用した出会い系サイト PCMAX
当時のプロフィール 自分は27歳の会社員。フツメン。177センチ。やせ形。おっとり系。独身。
相手はシングルマザーで26歳。カラオケ店の店員。矢口真里っぽい美人。150センチくらい。小柄なギャル。子供が2人。離婚済みの独身。

[box_h]目次

■童貞卒業のチャンス
01. 童貞卒業のチャンスがやってきた
02. 童貞卒業の為に30分も早く目的地に着く(笑)
03. ママチャリが似合わないギャル!
04. 「やれる」童貞卒業を確信!勝負にでます

■ラブホテルにて
05. 童貞卒業の前にディープキスも経験
06. ラブホテル到着!
07. 服を脱ぐ彼女!
08. ブラジャーのホックを外し、後ろからおっぱいをモミモミ
09. 2人でイチャイチャしながらシャワーを浴びる!
10. いよいよ挿入!!童貞卒業します
11. しかし、なかなか入らない!
12. 【祝・童貞卒業】彼女がイキ、僕もイク!人生初の膣内での射精

■童貞卒業のその後
13. 童貞卒業後も月イチでセックス!
14. いろんな意味で大人になった!
15. 出会い系サイトでセフレを探す人生が始まる[/box_h]

01. 童貞卒業のチャンスがやってきた

童貞の僕が、初めて会ったその日にフェラチオをしてもらってからは、シングルマザーのことばかり考えていました。初めて女の人にイかされたのですから強烈な印象です。

当時は「恋かもしれない」などと考えていましたが、今から思い返せば身体に興味があっただけでした。

シングルマザーとその子供の面倒を見てやりたいなどとはみじんも考えず、「もう一度あの可愛いギャルとセックスがしてみたい」という好奇心でいっぱいでした。

彼女のプロフィールを見るのが楽しくて1日に何度も出会い系サイトを見ていました。身長や趣味、100の質問への回答などの項目から「どんな人なのかな」と妄想していたのです。

要するにシングルマザーのギャルとセックスをして、早く童貞を卒業したかったわけです。フェラチオは経験しましたが、まだ女の人の中に入っていません。どんな感覚なのか好奇心が沸き上がって仕方がなかったんです。

そして、たわいもないやりとりを繰り返す中で、1ヶ月後、とうとう童貞卒業のチャンスはやってきました。

02. 童貞卒業の為に30分も早く目的地に着く(笑)

「木曜日休み取れたんだけどランチでも行かない?近くまで車で行くよ」

童貞卒業の勝負手は、何日も情報サイトとにらめっこして探した上に1人で下見にまで行った「ミシュラン1つ星のお店」でした。前回とは趣向を変えてドライブデートにしてみたのも効果があったのかもしれません。

「え! 行く行く!」

嬉しそうに食いついてきてくれました。すぐに待ち合わせ場所と時間を決め、当日を待ちました。

今回も、待ち合わせはシングルマザーの自宅の最寄り駅から1駅離れた駅です。僕は約束の時間の30分も前から駅前に車を停めて待ちました。

27歳の童貞はセックスの為に必死です(笑)今考えても、自分で笑ってしまうくらい必死でした(笑)

童貞卒業するためとはいえ、恥ずかしい話です。

03. ママチャリが似合わないギャル!この女性のマンコにペニスを入れると思うと超興奮

約束の時間を数分過ぎたころ、自転車で現れました。

前にフェラチオをしてもらったときは肩を出した露出度高めのギャル服を着ていました。

今日は丈の短い黒のワンピースという、セクシーな感じの衣装で現れます。やはり綺麗なギャルでした。童貞には刺激が強すぎます。

目元もラメの入ったメイクでパッチリとしており、時間を掛けて準備してきてくれたのが分かります。ママチャリの自転車がまったく似合っていません。

今日この綺麗なギャルママとセックスするのかと思うと興奮で鼻息が荒くなっているのが分かりました。「初めてのマンコ。マンコ。マン・・・ 早く入れたい。」そんな気持ちをおもいっきり隠して会話をします。

「いつもそんなおしゃれな格好なの?」
「今日はちょっと気合い入れてきた。近所のヒトに見られてないかな」
「別にデートくらいはいいんじゃないの?」
「保育園のお母さんに見られたらちょっとね」

ママ友の世界も大変そうです。シングルマザーならなおさら。童貞で冴えない僕なんかと会ってくれるのも、少しは気分転換になっているのかもしれないなと思いました。

04. 「やれる」童貞卒業を確信!勝負にでます

お店は繁華街の外れにある雑居ビルの地下にありました。

「あら、おしゃれなお店」

選んだのは串カツのお店でした。ミシュランで1つ星を獲得しつつも、ランチ営業では1,500円から2,000円程度のお手軽なコースもあり、デート費用も安上がりです。

あまり高すぎるお店だと相手も引きますしね。もちろん予約しての入店です。

「うん、おいしい!」
「デザートはアイスクリームの串カツだよ」
「溶けちゃうじゃん! アイスクリームの串カツなんてあるの?」

くだらないジョークも嫌がりません。どうやらランチを楽しんでくれたようです。

頭に流れているのは尾崎豊の『卒業』です。僕は、このあとを自然と予感していました。「やれる」という感覚です。野生の勘ですかね。誘えばセックスできるだろうという確信がありました。

「まだ時間行ける?」
「ん?行けるよ?」

05. 童貞卒業の前にディープキスも経験

車に戻り、ラブホテルを目的地に指定すると、シングルマザーが肩をバンバンと叩いてきます。

「やだー、積極的」
「いいでしょ?」
「童貞くんなのにね」

彼女は僕の野暮な問いには答えず、顔を近づけてきました。思わず、そっと唇を重ねます。彼女が少しだけ口を開いたので、肩を抱き寄せ、舌を突き出して口内に侵入します。

舌を絡め、初めてのディープキスを味わいました。不思議な味でした。頭がしびれるような感覚がありました。

「こういうキスは初めて?」
「まあね」

童貞卒業の前に、ディープキスを経験しました。心臓はバクバクと打っていました。出会い系を始めてからというもの、刺激の強い日々が続いています。

06. ラブホテル到着!部屋なんか何でもいい。セックスの事しか考えられない

激しく動揺しながらも、ナビが示すとおりに車を飛ばし、繁華街の外れのラブホテルへとたどり着きます。

なぜかラブホテルの駐車場にはよくある「のれん」をくぐり、2回も切り返して車を停めるまでの間、僕も彼女も無言でした。けれど、車内にはなんだかピンク色の空気が漂っていました。

ふたりで建物に入り、部屋を選びます。

「どの部屋にする?」
「どこでもいいよ?」
「これなんかどう?」
「いいんじゃない」

正直、どの部屋も同じに見えていました。というよりも、童貞の僕にはラブホテルに入った経験もなく、しかも、これから童貞を卒業するんだと思うとそれどころではないわけです。

何より、隣にいるこのキレイな女性とセックスするんだと考えたらドキドキして仕方ありませんでした。

07. 服を脱ぐ彼女!童貞には女性の肌がまぶしい

部屋に入ると、僕らはまたキスをしました。唇を重ねながら、身体をギュッと抱きしめ合い、お互いの温もりを分け合いました。

「シャワー浴びようか」
「うふふ。そうね」

いきなり服を脱いだら「キャー」とか言われないだろうかという童貞特有の心配をよそに、彼女はテキパキと服を脱ぎ始めます。

僕はその隙に、ポケットに隠し持っていた薄さ0.02ミリのコンドームを枕の下に仕込みました。

この日のために購入したセックス教本で「コンドームを枕の下に仕込んでおくと流れがスムーズだ」と書いてあったのを鵜呑みにするという浅い考えに基づく行動です。童貞だもんしょうがないですね(笑)

その間に彼女はワンピースを脱ぎ終えます。
小さな身体のわりにはしっかりと突き出たオッパイがブラジャーに包まれていました。
(修正案ここまで)

以前にフェラチオしてもらった時も裸は見て、多少は触れてもいるのですが、女性に慣れていない童貞には「女の肌」がまぶしすぎました。

08. ブラジャーのホックを外し、後ろからおっぱいをモミモミ

思わず胸の谷間に目が釘付けになります。そんな僕の姿に、彼女が微笑んだ気がしました。

「下着可愛いね」
「ありがとう」
「脱がせちゃっていい?」
「ふふ、やってみる?」
「やってみたい」

ブラジャーのホックを外すという作業を、童貞の僕は一度やってみたかったわけです。ブラジャーのホックを外すことが当時の夢だったと言っても過言ではないです。オッパイフェチでしたので。

当時の僕には、女の人が簡単に男の目の前で服を脱ぐことが驚きでした。女の人の服は男が脱がすものだと思い込んでいたので、彼女が特別な人なのだと考えていました。

留め金のホックにてこずりながらも、何とか金具を外します。肩ひもを滑らせると、ブラジャーがはらりと床に落ちます。

そのまま乳首があらわになったオッパイを後ろから両手で揉みしだきました。AVなんかで見るオッパイと同じで、触れるとたゆんたゆんと揺れます。

乳首を刺激すると硬く勃起します。小振りだけれど、弾力があってキレイなオッパイでした。

「んっ……!」

オッパイを揉まれてるときのシングルマザーの表情も、無反応を装っていたけれど、なんだかエッチで可愛かったです。女の人の感じている姿を生で見たのも初めてでした。

凄まじい早さで様々なことを経験していきます。ブラのホック外しを経験し、後からオッパイ揉みも経験しました。初めてのことばかりで、もう理性などありはしませんでした。

09. 2人でイチャイチャしながらシャワーを浴びる!

彼女がタイツも脱ぐと、ショーツから健康的に引き締まった脚が伸びています。そこにいるのは、パンツ1丁の男とショーツ1枚の女です。

思わず顔を見合わせると、頬が赤くなっています。丁寧に施されたメイクの下で、少しだけ照れの表情が覗いていました。

僕はパンツを脱ぎ、彼女はショーツを脱ぐと、2人で手をつなぎ、バスルームに入りました。シャワーを浴び、お互いの身体を洗い合います。

すでに大きくなっている僕のペニスを見て言います。

「大きいよね」
「そうなの?」
「長さは普通なんだけど、すごく太い」
「シングルマザーさんのオッパイも大きいよ。カラダ細いのに」
「そんなことないよー。普通だよー」
「大きいって。それにすごくキレイ。先っぽがツンって出てて」
「最近乳首大きくなっちゃってさ。こんな乳首でも(私を)愛してくれる?」
「もちろん!(愛するよ)」

さりげなく、ニュアンス的に「愛している」と言ってしまった気になりましたが、こういう、じゃれ合い場なので「そういうものだろう」と深くは考えませんでした。

その後は、楽しくじゃれ合いながら、僕らはシャワーを浴びました。シャワーを浴びながら「もし恋人同士になったら毎週こんなことをするのかな」などと考えていました。

10. いよいよ挿入!!童貞卒業します

ベッドに移動すると、彼女の唇にキスをし、そのまま押し倒しました。彼女は僕の口の中に舌を差し入れてきます。それだけで股間は反応します。セックスをしたくて、たまらなくなってしまいます。

ムクムクと大きくなり、あっという間にギンギンの固さになりました。

「すごい……元気だね」
「ゴム付けるよ」

僕は枕の下に隠し持っていたコンドームの袋を破り、ペニスに装着しました。コンドームの付け方がたどたどしくても、シングルマザーは黙って僕の顔を眺めていました。

「せっかく童貞なのに、あたしなんかで捨てちゃうんだ」
「俺は初めての相手がシングルマザーさんで嬉しいけどなあ」
「そう? 嬉しい」
「入れるよ」

11. しかし、なかなか入らない!そして、少しずつ割れ目に入っていくペニス・・・完全に繋がりました

そう言ったものの、初めてでは挿入もままならない時間が続きます。

「もうちょっと上……んっ!」

ペニスを持ちながら、探り当てるようにして割れ目にあてがいます。そのまま腰を突き出すのですが、なかなかうまく入っていきません。

先っぽが引っかかったような状態で止まってしまいます。それでも彼女の中に少しだけ僕が入ってしまっていることが嬉しくて、先っぽだけを入れては抜き、入れては抜きを繰り返します。

すると、割れ目が十分に濡れてきたのでしょう。少しずつですが、ペニスは彼女の中へと侵入していきました。挿入できる距離が1センチから2センチへ、さらに、3センチ、4センチと、ひと突きごとに進んでいきます。

亀頭が完全に入るようになると、あとは簡単でした。とうとう、童貞卒業の瞬間です。吸い込まれていくように、僕のペニスは彼女の割れ目へと飲み込まれました。

「ああっ! やっぱり大きいっ!」

初めてで腰の動かし方が分からず、膝で股間を突き出し、ゆっくりと出し入れします。

12. 【祝・童貞卒業】彼女がイキ、僕もイク!人生初の膣内での射精

正常位で繋がったまま身体を抱き締めると、彼女も僕の背中に腕を回しました。もはや言葉が要らないことだけは、童貞の僕にも分かります。

僕は腰を動かしながらキスをしました。そして、そのままピストン運動を繰り返します。初めてのフェラチオではほんの10秒で果ててしまいましたが、このときは持久力がありました。

ペニスの付け根から太もものあたりまで痺れていましたが、すぐにイってしまうのがもったいなくて、僕は左手で太ももの外側をつかみ、必死で射精をこらえていました。彼女とつながる快感は数分間に渡りました。

その間に、彼女は1回イきました。

「あっ! イっちゃう! イクっ……!」

AVでしか見たことのなかった女の人の絶頂が、演技などではなかったことはすぐに理解できました。

やがて、僕も限界を迎えます。

「俺もイきそう!」

彼女は目を閉じたまま歯を食いしばり、「うんっ! うんっ!」とうなずいていました。

次の瞬間、0.02ミリのゴム越しに彼女の奥深くと触れ合った僕のペニスが、彼女の中で白いものを吐き出します。全身に快感が突き抜け、意識が飛びそうになりました。自分でするのとは違って、身体中の制御が効かない数秒間でした。

こうして僕は、童貞を卒業しました。

「どうだった? 初めてのエッチは」
「すごく気持ちよかった。シングルマザーさんが初めての相手でよかったよ」

シャワーを浴び、お互いに無言で服を着ます。部屋を出る前、僕とシングルマザーはもう一度だけ抱きしめ合いました。

13. 童貞卒業後も月イチでセックス!生でセックスもさせてもらう事もあった

童貞を卒業してからも、僕とシングルマザーは月イチくらいのペースで会ってセックスしていました。お互い独身でしたしね。その年は会わなかった月がなかったはずです。

相手が子供を育てながらのデートしたので、負担にならないようには気を付けました。たまにはお金も援助しながら、けれど割り切りの関係よりは少しだけ、恋人のような関係になってしまっていたのかもしれないと思います。

童貞を卒業させてくれた彼女が、僕にとって特別な存在だったように、彼女にとってもなぜか僕は少しだけ特別な人間だったようです。

「赤ちゃんみたい」

僕が乳首をしゃぶると、彼女はそう言うことがありました。

「え、なんで?」
「夢中でオッパイ吸ってるから、ちょっと可愛くて」
「赤ちゃんにこんなことできないでしょ」
「ふふ、そうね」

彼女をベッドに押し倒し、硬くなったペニスにコンドームを被せようとします。

「今日は安全日よ」

彼女はそう言いました。本当かどうかは分かりませんでしたが、誘惑には抗えず、生でしてしまうこともありました。

子供を育てていた乳首をしゃぶり、子供ができてしまうような行為もしながら、僕らはセフレとして都合のいい関係を1年ほど続けていたのです。

14. いろんな意味で大人になった!女に対する価値観が変わり、セフレを作ることに対して罪悪感はなくなる

後で知りましたが、彼女は出会い系で出会った別の男に貢がせていたりもしたようです。

ある日、ホテルに入るなり、彼女のスマホが鳴りました。ラインの着信音です。面倒くさそうにバッグからスマホを取り出し、ディスプレイを確認していました。

「ライン?」
「むかつくヤツからだ」

そう言いながら、ラインに返信をしていました。

「でもこいつにはバッグとか買わせてる」
「金持ちなんだね」
「キミにはそんなことしないけどね」

僕に対しては隠すこともなく、そんな様子も見せてくれました。

彼女は間違いなく「割り切り」でのセックスも出会い系サイトを使ってやっていたのだろうなと思います。シングルマザーで仕事がカラオケ屋のバイトだけでは生活にも困窮しそうなものですが、そういった様子もありませんでしたし。

当時の私には衝撃でした。今なら背景事情も想像できる程度の人生経験もありますが、この事で「こういう女性もいる」ということを知り、セフレを作ることに対する罪悪感みたいな感情は薄れた気がします。

私に対して態度が違ったのは「割り切りから入った男性客ではなかったから」だと思います。

子供の世話も大変で忙しいのに私と会ってくれていたのは、彼女も私に対してそれなりの好意をもってくれていたのだろうなと今では分かります。当時の私には分かりませんでした。

少し血迷って「再婚したいとは思わないの」と聞いてしまったことがあります。「しばらくは男はいいかな」という答えでした。それが本心でないことは明らかでしたが、重い関係にはなりたくなかったということでしょう。

「彼女とは住む世界が違いすぎる」
「彼女と結婚することはできないだろうな」

という感覚を決定的にしたのがこのエピソードでした。

その後、僕らがセフレとしての関係を超えることはありませんでした。

15. 出会い系サイトでセフレを探す人生が始まる

出会い系サイトは卒業できるはずもなく、それから何人ものセフレと関係を持つようになります。別のセフレと会いながらも、彼女との関係は続いていました。

翌年、「再婚する」というメッセージが突然届き、「おめでとう。幸せにね」とだけ返信しました。

それ以来、彼女とは会っていません。正直、名残惜しさはありました。特別な人でもありました。けれど、僕らの関係はそういうものでした。

セフレになることができる人って、ある種の運命の人だと思うんですよね。ましてや、童貞卒業の相手になってくれた人ですから、今でも大切な記憶として残っています。

そして、セックスの気持ちよさを教えてくれた彼女がいるから、僕は今日も出会い系でセフレを探しています。