セックスのリードはしてもらいたい!女性任せのセックスにうんざり

onna-warui-taiken-12

今は37歳の主婦ですが、私が良くなかった夜の性生活の体験をしたのは今の旦那(7歳年上で当時38歳)と付き合い始めたばかりの頃の31歳のときの話です

私は当時は歯科助手をしていて、患者として歯科医院に来たことで知り合いました。お互いもう大人だったこともあり、付き合ってから2週間くらいでセックスをすることになりました。

キスはしてきたものの、そのあとはなぜか消極的でなかなか手を出してこないので、私がリードした方が良いのかなと思い口でしてあげたり触ったりしているうちにセックスをする前に射精してしまったのです。

そういう時、あまり男性をリードしすぎたり、責めるのは良くないと思っていたので、次回にまたすればいいよとお茶を濁してその場は収めました。

オナニーは得意だけど、セックスでリードして満足はさせられないと宣言

その後しばらくして、旦那の家でセックスをするときになって、オナニーは得意だけど、セックスでリードして満足させられることはできないから、自信がないと言い始めました。

そんなことを言われても結婚前提で付き合うことになっていたし、とにかく始めることにしましたが、私を満足させようとなんだかんだするのです。

ですが、やはりうまく行かずに焦っていたので、こちらがリードをすると「わかんないから一人でしてよ」とふてくされてしまったのです。

なんだそりゃと思いましたが、ふてくされている旦那の横でしょうがないから、一人で最後までしようとしました。そんなことを言われた後ですっきりイけることもなく、結局中途半端で最後までイくことなく終わってしまいました。

セックスに対してプレッシャー!こんなに消極的な男性は初めて

私はそれほど経験人数があるわけでないですが、セックスに対しては積極的な方でやっとセックスの最中にイくことを覚えていたんです。それを、他の男性でもイけるのか試してみたいと思っていたのに、旦那はセックスに対してはリードする事なく消極的ですべて女性任せなのです。

つまり、女である私の方がお姫様を抱くみたいに、そろそろとリードしてセックスをしなければならず、今まで付き合ってきた中でも大抵の男性は普通にセックスをすることを求めてきていたのです。

こんなに自分に自信がないことを理由に、女性任せにセックスをする男性に会ったのは、初めてだったこともあり拍子抜けをしました。

いくらセックスに消極的でも、こちらがリードしたり、積極的にすればそのうち積極的になるのかもしれないと思い、朝起きてすぐに自分から仕向けて上に乗ったりしたのです。

でも「(窓が)開いてる」なんて理由で集中できないということで、そのセックスも中途半端に終わりました。とにかく、セックスをすることにプレッシャーを感じているのです、ただ普通にすればいいだけなのに。

相手にリードされてセックスしたい!自分がリードなんて嫌です

そして、その当時は付き合いたてで、悪いところが良く見えなかったこともあり、結局そのまま結婚しました。セックスに対して男性が、その気や自信がなければ、女性の方が積極的になればいい、そうなのかもしれません。

けれども、私だって女ですから時々は男性のリードで、セックスをしたいときもあるのです。と、いうよりも毎回のセックスでできればリードをしてほしいのが女性の本音です。

男性をリードしてセックスを楽しむ女性もいますが、それは本当にごくわずかでもし自分の彼女がイケイケではないのにリードをしてくれているとしたら、それは貴方が好きだから無理をしているにすぎません。

やはり、女である以上セックスは男性にリードをされたいのです。

中出しが怖い?自信を持ってセックスに挑戦しなければ進歩しません

子供を作るためにセックスをした際も「中出しするのが怖い」とか言われて、本当にこいつはだめだと感じました。無事に子供が生まれた今では、もう二度とセックスもキスもしたくありません。

楽しくないし、毎回自分がリードさせて盛り上げなきゃいけないと思うと気が重いからです。

どんな男性でも経験を積まなけば、自信が持てないという男性はいることかと思われます。女性を満足させたいと思うばかりに自分が気持ち良くなるのが二の次になってしまいプレッシャーを感じる男性もいるかもしれません。

確かに、女性の気持ちにおかまいなしに、独りよがりにセックスをするのは、女性の身体を借りたオナニーと変わりませんが、だからといっていつまでも自信がないと、しり込みをしていたら良いセックスは、できないと思ってよいでしょう。

自信がなくても、女性にそのことを悟られては終わりです。女性を気持ちよくしたい、自分も一緒に気持ち良くなりたいという純粋な気持ちがあればきっとセックスはうまくなると思うのです。