出会い系で知り合った欲求不満の人妻!昼間からシャワーも浴びずセックス

ニックネーム そーたん
性別 男性
現在の年齢 32歳
いつの話? 今年の2月
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自分はIT関連の営業マン32歳。濃い顔フツメン。172cm、80㎏がっしり体型。のんびり系(おとなしい系)。独身、彼女なし、セフレなし。

あいさん35歳、専業主婦。色白で可愛い。155センチくらい、ふっくら体型。彼氏あり(音信不通だが)

今回の出会いの戦略 数週間、性欲が溜まり、誰でもいいから遊びたい目的で、数うちゃ当たる作戦で送信。年代や容姿に関係なく性欲発散の為に利用
相手と会うまでに掛かった費用 ポイント2,000円

ハッピーメールの掲示板検索で5人に送り1人から返事がある

出会い系サイトで年上専業主婦との出会い、濃密な時間と背徳感があるセックスにハマってしまいそうです。

旦那さんが仕事中に、家の事も気にしながらする、人妻とのセックスは短時間でも非常にエロく、こちらを満足させてくれます。今回はその体験談を記します。

いつも使用している出会い系サイト、ハッピーメールを使用し掲示板の検索で気になる5人くらいにメールを送ってみました。どうしてもセックスしたかったので、年代や容姿にこだわらず、地域で検索です。

[blockquote]「こんちゃ~プロフィール見ましたよ~、もしよかったらやり取りしませんか?」[/blockquote]

とテンプレートの文章に、1人だけレスポンスがあり、やり取りをすることになったのがあいさんです。

[blockquote]「こんにちは~~是非やり取りしましょう~」[/blockquote]

とノリも良く返事が来た段階で、掲示板の内容を確認すると、あいさんはピュア掲示板で「恋人募集」のタグがあり近場で平日遊べる人がいいな~と記載がありました。

無作為に何人かメッセージを送った場合、返信が来た人がどの掲示板でどの募集文からか、もう一度確認しないと話の切り出しが難しくなることと、改めて返信が来た人の情報をピックアップしようと確認しました。

プロフには子供はいないと表記がありましたが、人妻であるかは読み取れませんでした。

人妻であることをカミングアウト

掲示板に即した内容にしないと文がおかしくなるので、

「平日でも時間作れますよ~、でか恋人募集で掲示板書いてたけど、かわいい雰囲気屋やのに彼氏さんは今いないの?」

と背景の探りと、持ち上げと発散したいだけの性欲を早く満たす思いで、とりあえず前進するイメージで進みます。

少ししたのちに「彼氏は最近連絡取ってくれなくなって、別に旦那もいるしねw」とカミングアウトしてきました。

人妻は昔は倫理的に抵抗があったのですが、今では全然ウエルカムです。男を作るくらいですから不倫上等の奥様でしょうし、隠ぺい工作もしっかりしてそうで、ボロさえ出さなくて気に入ってもらえれば、長期の付き合いも出来るしむしろ美味しい!

節度ある人妻だったので、積極的に誘う

もう今回は君に決めた!と思い、その日の内に、「え?不倫してたのw  もっと詳しく話聞きたいし、俺の顔も失礼無いように見せたいけどサイトで写メ出したくないからLINEしません?嫌ならブロックしてくれていいですし。」と送りIDを教えてもらいました。

LINEでは改めてあいさつを交わし約束の顔写メを送ってから、早速不倫状況の確認をします。

「彼氏作ったのも出会い系サイトなのですか?旦那さんと上手くいってないん?」
「出会い系サイトやで~、旦那とはセックスレスで私生活も淡泊やからどうしてもつまらなくて」

子供はいないが収入は良いので別れたくないとのことを教えてくれました。

その上で、

  • 寂しさが優先で誰かと話したい。(彼氏ともしばらく連絡が取れていない)
  • 旦那はいるけど彼氏が欲しい。
  • 人妻だから人目につくところではデートが出来きない。

と自分の状況を理解した節度のある思考回路だったので、こちらも一気に畳掛けます。このときライン交換から2日です。

「なら、俺が彼氏候補になれるか分からんけど嫌じゃなければ一回ランチしようよ、人目に付くのが怖ければ一人暮らしだから部屋貸せるし」

とアプローチし昼に2~3時間くらいなら、1回試しに会おうかと約束を取り付けました。時間調整をして5日後の平日の昼に会うとなりました。

家に行ってからご飯を食べて・・・

彼女は、自分が人妻である事を知っている人のいない地域へ電車で移動し、私が、移動先の駅に車でお迎えに上がります。

待ち合わせ場所に先についていた彼女の雰囲気は、思ってたよりふっくらよりでした。肩くらいまでの茶髪の髪と、少し細い目に、厚い唇で、ニットに茶色のコートを羽織り、淡いクリーム色のスカートをはいていました。

色白なせいもあり、全体的にフワッとした雰囲気の人です。

「思ってたより見た目こわいw」
「ごめんなさいいかつくてw こんな奴の家でも大丈夫ですか?w」

笑いながら怖いと言われたので、改めて家に行く事の確認をとり、互いに笑いながら車に乗り込んで家に向かいます。

事前のやり取りで、ランチデートがどうしても人目が気になって出来ないので、家にある材料でパスタを作ってもらい。食べながら実際に会ってからの印象や、過去の恋愛話をしていました。

食事が終わって横に並んで話をしている時にふと聞きました。

「旦那さんがいる状態で作る彼氏って、何を基準にしているん?」
「秘密を守れる、一緒にいて楽しい、体の相性かな~」

互いに周りにバラスようなことはしないタイプであることを確認取ります。

具体的には、男とのやり取りはマメに消す事、旦那とも別れたくないので無用なリスクを避けるように、彼女の家付近では会わないなどの対策を取っている事、親しい女性の友達にも浮気の事です。

そして、一緒にいて楽しい事も確認を取り「身体の相性は試さないとわからんよねw」と言いながら横に座ります。

人妻のテクで半立ちチンコもフル勃起

肩に手をまわし目を合わせてキスを交わしてその場で胸を触ります。自己申告でFカップの人妻の胸は弾力がない代わりに非常に柔らかく非常に興奮をあおります。

ベッドまで移動してキスをしながら互いに服を脱ぎ、シャワーを浴びないで互いに触りあいます。全裸になった人妻の身体はお腹周りにも太ももにお肉がついていましたが、それが妙に色っぽく感じる魅力があります。

行為自体も自分から積極的に激しいフェラをしたり、向こうも性欲が溜まっていたのがうかがえるような状態だったので、私も日頃の溜まった性欲を思い切り彼女にぶつけました。

激し目のセックスをしたので、お掃除フェラの後の半勃の状態でとりあえず挿入してイチャイチャしようと考えました。てことで、とりあえず挿入したのですが、膣の中はキツキツであたたかく、若い人にはないテクで中がうごめいてきます。

女性が下になった状態でも器用に腰を振って刺激する様子と腹筋や括約筋を駆使して締め付けや中のうごめきを一回目よりキツしてきた様子に熟練のテクニックを感じました。

半勃ちがあっという間にフル勃起し気が付いたら腰を振っていました。

ご飯の支度をしないという人妻らしい言葉に興奮

そろそろ時間がなくご飯の仕度をしないという彼女に対して、なぜかエッチ中に家庭の話を出されたことが人妻に輪をかけて興奮を呼び、最後にバックから挿入し、こちらが射精する為だけの乱暴なセックスで、寝取ってやった征服感を味わう射精をしました。

他人の家の石鹸の匂いはバレるリスクから駄目という人妻ならではの理由でシャワーは使わず。駅まで送ってその日は充実した気持ちで過ごせました。

ハッピーメールの人妻とセフレ関係がどこまで続くかチャレンジ

その後もLINEのやり取りは続き、彼女は毎日履歴を消すなどの、偽装工作もしてくれるようになったので継続して会えそうです。しっかり家庭と遊びの境目を分けている人妻なので、ややこしい事になることも恐らく少ないだろうと思っています。

出会い系サイトで長期継続になった人妻はまだいないので、ハッピーメールでどこまで続くかチャレンジしたいと思います。