旦那に内緒でセフレ!新潟人妻と昼間のセックスは最高

はじめまして、やまです。

少し前の話になりますが、出会い系でセフレ探しをしていた頃に男漁りをしていた人妻に会えたことがあります。当時、私は新潟県の長岡市に住んでいました。

付き合って5年くらいの彼女がいましたが、既にセックスレス状態で日々若い性欲を持て余す日々です。セフレが欲しいな~と漠然とした思いはありますが、思っているだけではセフレなんて出来ません。

そこで出会い系サイトのハッピーメールに登録して、人妻を探し昼間からセックスしまくっていました。セフレ期間は3ヶ月ほどなのですが、その時の経験を書きたいと思います。

プロフィール
ニックネーム やま
性別 男性
現在の年齢 31歳
いつの話? 26歳の夏頃
利用した出会い系サイト ハッピーメール
当時のプロフィール 自分は製造会社勤務の26歳。フツメン。166cm、70kg。癒し系。彼女あり・セフレなし。
相手36歳人妻、専業主婦。女優の田畑智子似。150cmくらい、普通~少しぽっちゃりで幼児体型。ほんわか系女子。
今回の出会いの戦略 今回も前回同様、プロフィール検索からおおまかな条件を設定して、ヒットした女性に定型文+αでメールを送りまくるローラー作戦です。自分の自己紹介等は予め設定した定型文で、+αというのはその人の趣味や自己紹介文に合わせてメールを作ります。
相手と会うまでに掛かった費用 サイト内でポイント1000円、カラオケ3000円、ホテル5000円

出会い系のハッピーメールに登録して人妻を探す

私は自分の容姿にそんなに自信も無いので、また一応彼女がいましたので合コンやナンパなどは出来ず、悩んだ末に出会い系に登録することにしました。登録した出会い系は業界大手のハッピーメールです。

新潟でも結構な数の女性が登録していました。無料のポイントが50pt付いてきましたので無料ポイント分で出会えればいいなぁ~なんて思って登録したのを覚えています。

しかし、掲示板でエッチ目的の募集をかけている女性に片っ端からメールを送ってみたら、そのほぼ全てがサポ・援交目的か業者!
新潟でもサポ募集が多いんだなぁなんて失敗しているうちにあっという間に無料の50ptが無くなりました。

その後、少し学習した私はプロフィール検索で相手選びをすることにしました。ログイン頻度の高い、さらに特に募集等しておらず相手が見つかってない女性が落としやすいと思い、そういった女性をターゲットに絞ることにしたのです。

募集条件は「新潟」「既婚者」「年代:20代後半~30代後半」さらにこだわり検索の興味あることで「目的:友達、恋人、大人の交際」の3つを追加して検索しました。

人妻セフレを作りたい時は毎回ほぼ一緒で、おおまかな条件は下記4つのみ設定してプロフ検索をかけます。

[box color=”black” title=””]
年代:20代後半~30代後半
目的:友達、恋人、大人の交際
女性:既婚女性
場所:新潟[/box]

ちなみになぜ既婚者、つまり人妻が良かったかというと、当時の会社の通訳の女性で憧れの人妻がいたからです。この頃職場で人妻の色気となんともいえない包容力を感じていた私は、同じような女性と出会えることに淡い期待を抱いてハッピーメールのサイト内をウロウロしていました。

また、人妻であればセフレの関係を維持できると考えていたからです。

10人ほどにメッセージを送ると1人だけ返信があった

ちなみに、この条件で検索をかけると新潟県長岡市で限定しても結構な数の女性がヒットします。あとはログイン頻度の高い女性を中心にメールを送りまくる卑劣なローラー作戦です。

自己紹介文は定型文にして、メールする相手の自己紹介に合わせて個別にメールを作って送ります。

例えばカラオケが好きな女性でしたら「私もカラオケが大好きでたまに一人でストレス発散に行きます!○○さんはどんな曲を歌うんですか?私はミスチルが好きです。」みたいな内容でメールを送るのです。

要は「一斉送信なんてしていません、貴女だけにメールを送っていますよ」というセフレ探しには定番のカモフラージュです。

仮に相手もセフレ探し目的であったとしても、なぜか女性はセフレという言葉を嫌うものです。ストレートにセフレになって下さい!というのは自分的にはタブーです。

とりあえず10人程度にメールを送ったところ1人の返信がありました。名前はマイ、新潟県見附市に住む30代後半の女性です。身長は150~154cm、体系は普通に設定されており、プロフィール画像は無しですが、お姫様っぽい可愛らしいアバターが印象的でした。

自己紹介には「気軽に遊べるお友達が欲しくて登録しました。よろしくお願いします」なんていうアッサリした自己紹介ですが、求める相手(興味あること)は「大人の関係」となっています。これは、セフレ目的じゃないかな?なんてかなり期待したのを覚えています。

意外と話は盛り上がらず四苦八苦

[blockquote]「はじめまして!新潟県長岡市に住んでいる26歳会社員です。登録したばかりですが、プロフィールを見ていて住んでいるところも近いし趣味のカラオケも一緒だったのでメールさせて頂きました。年上の女性が好きなのですが、マイさんは年下の相手は大丈夫ですか?良かったらメールして貰えたらうれしいです!宜しくお願いします。」[/blockquote]

こんな感じのメールを送ったと記憶しています。すると、すぐにメールが返ってきました。

[blockquote]「メールありがとう。年下の子は全然OKだよ!どっちかっていうと年下好きだよ。よろしくね!」[/blockquote]

ハッピーメールに登録して初めて普通?と思われる女性からメールが来たのでとても嬉しかったのを覚えています。年齢の30代後半というのは少し不安でしたが、マイからしかメールが返ってきていないのでワガママは言っていられません。早速返信しました。

[blockquote]「返信ありがとうございます!マイさんはハッピーメールに登録して初めて返信してくれた女性です。ありがとうございます!年下好きといってもらえて嬉しいです。人妻さんにそんなこといってもらえるとちょっとドキドキしますね(笑)」[/blockquote]

[blockquote]「人妻のおねえさん好きなの?年下の男の子と付き合ったことはあるけどヤマ君みたいな10くらい離れている子は今までいなかったよ。少し新鮮な感じ」[/blockquote]

その後何度かメッセージのやり取りをしましたが、マイはサラッとした感じでメールを返してくるので、若い子みたいな盛り上げて一気に連絡先交換、デートといった流れが通用しない感じがしました。

普通は会話のリズムを掴む(=盛り上げて話に食いつかせる)ことで、女の子を楽しい気分にさせデートに誘うことが可能だと考えています。

でもマイは極端に言うと話がかみ合わず、顔文字等も使わない、どこか冷めた感じに感じるメールをしてきたので盛り上げて一気に連絡先交換や、デートが無理だなと感じました。

ライン交換も拒否!どうすればいいの?

住んでいるところが新潟県の長岡市と見附市、隣町ですぐ会える距離なだけに、出来るだけ早い段階で会いたいという思いがありました。純粋な恋愛相手ではなくて、セフレ相手の人妻。

あまり長く時間をかけずに一気にデートに持ち込みたいと思いますが、ここで焦って愛想をつかされたら元も子もないと思い、辛抱強くメールしました。

いくら年上の人妻とはいっても、こちらにある程度気持ちの余裕がないと相手にされないと思ったからです。とりあえず会話のリズムをつかむため、最初の2日間はお互いにあたりさわりのないメールのやり取りをしました。

マイからくるメールはいつも自由きままな感じで、合わせるのに苦労します。一番覚えているのはこんなメールです。

「あ~暑いね~。アイス食べたくなってきた~パナップ~」
「パナップってどんなアイスでしたっけ?」
「パナップ知らないの?!アイスといったらパナップでしょ~中にソース入ってるあれだよー」
「ちょっとググってきます・・・(笑)」
「パナップ食べたいよ~ヤマ君買ってきてー」

こんな感じでマイは思うがままにメールをしてきました。正直返信に困ることはありましたが、年上の自由なお姉さんとメールするというシチュエーションも初めてだったので新鮮でドキドキしたのを覚えています。

仕事で失敗して大変だったことや、愚痴などを打ち明けると「大変だったね、よしよし」なんて言葉をかけてくれたりもしてくれました。そういうことをされる度に年上の女性の魅力とはこういうものなんだろうなぁと感じたものです。

仲良くなったと思いライン交換をお願いしましたが嫌がられてしまいました。理由は、旦那にバレると困るとのこと。まぁたしかにそうですね。人妻ですもん。

勇気を出して下ネタを振ってみると・・・あら意外。あっさり出会えました

ラインの交換は出来ていないけど、このままズルズルとやり取りだけしていても意味がありません。メールを初めてから4日目に下ネタの話題を振ってみました。求めているのはメル友や恋人じゃなくてセフレですからね。

相手のいる人妻に下ネタの話題は振りやすいのですが、マイはさっぱりというか、つかみどころの無い性格だったので、初めて下ネタを振るのは勇気がいりました。

それまで旦那のことについてほとんど触れていなかったので、旦那のことを話題にするとマイがどんな反応をするのかが不安でした。ですから、下ネタの話題も夫婦関係を避けて人妻相手という感じではなく、慎重に話題を選びました。

「俺はこんな感じでよくMっぽいと言われるけど、自分ではSだと思っているんですよね~。マイさんはちょっとSっぽいですよね。実際どうなのかずっと気になってるんです(笑)」

「ヤマ君はどう考えてもMな気がするなぁ。夜になると違うのかな?あたしはメールだと普段さっぱりしている感じかもしれないけど、実際会うとMっぽいって言われるよ」

「そうなんですか??そんなこと言われるとますます会いたくなっちゃいますよ~マイさんカラオケ好きっていってましたよね?もしなら今度一緒にいきませんか?」

「そうだね。あたし平日の昼間しか会えないけど大丈夫?」

「全然大丈夫ですよ!マイさんのためなら会社さぼっちゃいます(笑)」

全然踏み込めなかったのですが、デートを誘うとあっさりOK!なんだ、こんな感じならもっと早く誘っておけばよかったなぁなんて思いました。

私はマイに伝えた通り、平日の昼間、会社に午後有給を出してマイとの時間を作ることにしました。本当は平日の夜等にゆっくり会いたいのですが、相手は旦那もちの人妻ですから、わがままはいっていられません。

また、とりあえず実際に会えることがうれしくてこの時は会える時間帯のことなど大して気にしていませんでした。

時間を調整してカラオケデート

それから2日後。その日も仕事があり時間を作るのに苦労しましたが、なんとか調整が出来て会う事が出来ました。マイは新潟県の見附市に住んでいたので、相手に合わせて見附市で会うことにします。

私の仕事の都合上、その日はどうしても午後からしか休めず、お昼後のデートだったのでいきなりカラオケにいくことにしました。場所は新潟県見附市の「カラオケまねきねこ 新潟中之島店」です。

会う日の当日、会社をそそくさと退社し人妻に会えるドキドキ感と期待を胸に車を走らせます。

私の住んでいる新潟県長岡市から、待ち合わせのまねきねこ新潟中之島店までは車で30分くらいの距離ですが、この日はドキドキと期待のせいか、一瞬で現場についたような感じがしました。

待ち合わせ時間の15分程前にまねきねこ新潟中之島店の駐車場に到着。私の他に車が4~5台駐車されていました。マイの車は黒いアルトと聞いていましたがまだ到着していません。

車でのんびりしながら待つことにしますが、どんな女性なのか気になって落ち着きません。セフレとはいっても、初めて会う時はやはり緊張します。新潟県の見附市という田舎の30代後半の人妻・・・しかも旦那とうまくいっていないなんて、ちゃんと女性らしい人なのだろうか・・・?

30代後半という年齢はどうなんだろうか・・・・でも会社にいる○○さんは30代後半だけどすごく綺麗な人だし、あぁ!でも■■さんは30代後半なのにすごい老けてるよな・・・そんなことを考えながら過ごす10分はとても長い時間に感じました。

30代後半の人妻を舐めてました!!超そそる身体してるやんww

ふと、目の前に黒い車がゆっくりと通りました。黒いアルト。マイです。

私の隣に車を停めて少し緊張した面持ちで車から降りてきました。少し癖のある、女優の田畑智子似の顔立ちで髪の毛もボブにしています。服装は膝上20cmくらいの薄黄色のワンピースで、とても30代後半の人妻には見えません。

一目見た瞬間、私は今までの不安が吹き飛びドキドキした、というよりも安心しました。

「はじめまして!ヤマです。マイさん若いっすねー!」
「ほんと~?嬉しい。待った?遅くなってごめんね」

落ち着いた口調に似合わない少しアニメっぽい声で、メールのクールな印象とは違い、少しボーっとしたほんわかした雰囲気の女性でした。

この時は、やっぱり会ってみないと分からないもんだなぁと心の底から思ったものです。こんな人妻をセフレにできたら儲けもんです。150cmくらいの背の高さで、胸の膨らみも小さく、一言でいうとまさに幼児体系といえるでしょう。

とにかく、30代後半の旦那に相手にされなくなったくたびれた人妻という、勝手なイメージが完全に思い込みだったことにホッとしながら、しばらく私の車の社内で世間話をしました。その後、カラオケに行くかという話になり、まねきねこ新潟中之島店に入りました。

隣を歩く姿を見ていると、少し高めのヒールにストッキングに包まれた柔らかそうな脚がそそります。30代後半の人妻という姿とはかけ離れたアンバランスな見た目を眺めているだけで少しムラムラしてきたのを覚えています。

カラオケでキス

部屋に入り、カラオケを始めますがマイは全然曲を入れません。

「マイさんも歌わないの?マイさんの歌聞きたいなぁ~なんか歌ってくださいよ~」
「私は今日は聞き専門なの(笑)やま君ほら、一生懸命歌って」

相変わらずマイはよく分かりません。あんなにカラオケ好きと言っていたのになぜ聞き専門?と思いながら、とりあえず一人で歌っててもむなしくなるので、3曲ほどリクエストに答えた後、曲を入れるのをやめました。

ぶーぶー言うマイに構わず、話を切り出します。

「マイさん可愛いっすね、いや、本当会えてよかったです!実は会うまではクールなお姉さん系想像してましたが、全然違いました(笑)」
「へへ~嬉しいなぁ。クールとか面白いね、一回も言われたことないよ」
「でも他の男の人にも可愛いって言われませんか??」
「ん~それは・・・ちょっと言われる」
「やっぱりねぇ。とても30代後半には見えないってか、人妻っていう言葉も似合わないですよ!」
「へへ~うれし~。でもあんまり近くで見ると色々ばれちゃうからだめだよ?」
「どれどれ~」
「あっ・・・ちょっと・・・」

ちょっと強引に近づき、顏を近づけます。マイは恥ずかしがりながらも視線をずらしません。これはいける!と思いそのまま軽くキスをしました。

マイ「もう・・・やま君いきなりすぎ・・・」

会ったその日にセックス決定

少し困ったようなあきれたような表情を見せるマイに、今度はディープキス。同時にストッキングに包まれた太ももの感触を味わいます。スベスベでもっちりした脚の感触に、脚フェチの私は既にフル勃起です。

「そんな、ここじゃあだめだって・・・」
「じゃあこういうことゆっくりできるとこに連れてきます」
「もう・・・やっぱりこうなっちゃうんだから・・・あたし今日はそこまでの気分じゃなかったのにー」

しゃべる途中のマイに再びディープキスをします。そのまま手は胸や太ももを触りまくると、小さく声を出しながらキスに答えてくれます。

「わ、わかった・・・いく、いくから・・・・」
「やったー(笑)もう俺、既に限界ですよ、早くでましょ!」

なんと、会ってから1時間ちょっとでセックスができることになりました。これはセフレ化に期待大です。

ホテルに入ると積極的な人妻!人妻の底力を感じました

平日の真昼間から、人妻とホテルにINできるなんて、夢のような展開です。そのままマイの手を握り、カラオケを出てすぐ裏手にあるホテル京都へ車を移動します。

移動中の車内でもマイのストッキングに包まれた太ももや内またをさすりました。少し困ったような表情をしながらもまんざらではない様子です。

ホテル京都は昔からあるようなボロいホテルでしたが、とりあえずセックスができればなんでもいいです。適当に綺麗っぽい部屋を選び、ホテルの部屋に入ります。

すると、なんとマイの方から抱き着いて来て、キスをしながら私の股間を触ってきたのです。

「ヤマ君のガチガチになってるよ?あたし、強引なの本当弱いの・・・早くベッドにいこ?」

そのままマイに手を引かれながらベッドインです。

パイパンマンコに大興奮

マイを押し倒し、少し強引に服を脱がしていきます。マイの体はやっぱり幼児体系で、下着もあまり色気もなく、普通の下着でした。一枚一枚服を脱がし、キスをしながらパンツも脱がしてアソコに手を伸ばした瞬間「ん!?」っと思いました。なんと、パイパンにされていたのです。

「マイさん、パイパンじゃないっすか・・・本当エロいですね」
「やだぁ。でも男の人みんなパイパン好きでしょ?ヤマ君はきらい?」
「いや、大好きです、本当やばいっす」

マイのパイパンのアソコは既にぬるぬる状態です。濡れやすさもセフレとして最高!しかしパイパンにしているなんて、他にセフレがいるのかな・・・そんなことを考えながらゴムを装着してキスをしながらゆっくりと挿入します。ゆっくり挿入していくと、マイは私の腰に手を伸ばし、ぐいぐいと自分のアソコを押し付けてきます。

「焦らさないで・・・もっと強引にして・・・」

これは見た目に似合わず相当な淫乱だと思いました。しかも、腰の動きや男の喜ばせ方を熟知しています。セフレとしては最高のエロさです。30代の人妻はここまでエロくなるのか・・・・と頭の中で考えながらバックや正常位で強引につくと私はすぐにいってしまいました。

その日、2回セックスをして、ホテルを出ました。お互い体の相性が良かったのだと思います。セックスの後、マイは用事があるからといって、まねきねこ新潟中之島店の駐車場で別れました。

このとき同時にカカオトークの交換をしようと提案もされました。カカオトークというものの存在を知らなかったのですが、その場でインストールして交換。これでポイントを使わなくてすみます。

昼間からセックスしまくる日々・・・・でも終わりは突然に・・・

その後、マイからデートの誘いが頻繁にきます。私は平日にそれほど仕事が休めないので多くは会えなかったですが、3か月の間に出来る限り会うようにしました。なんせエロい人妻ですからね。会わないともったいないですww

また、短めのワンピースやショートパンツにニーハイ等、年齢に合ってない若い服装を好み、一見、本当に若い子のように見えますので、36歳というギャップと相まって燃えるんです。

これは完全にセフレ化できたなと思ったのもつかの間、関係は突然終わりました。

理由は分からないですが、一切連絡が来なくなった為です。また会おうと約束した直後だったので、もしかしたら夫にばれたのかもしれません。もったい無かったのですが、所詮はセフレの関係。あっさり諦めました。

これが、30代人妻とセフレになった体験談です。新潟県見附市のあたりで黒いアルトを見かけるとたまに、マイかな?と思ってしまいます。今でも出会い系でセフレ探しをしているのでしょうか・・・できればもう一度会いたいものです。